資産運用会社
スポンサー

ホーム > サステナビリティ

GRESB

GRESBリアルエステイト評価は、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループを中心に2009年に創設された、不動産セクターの環境・社会・ガバナンス(ESG)のパフォーマンスを測る年次のベンチマーク評価です。投資先の選定や投資先との対話にGRESBリアルエステイト評価のデータを活用する投資家・銀行メンバーは、約75社以上(2018年9月12日時点の運用資産額18兆米ドル ※約1,980兆円、1米ドル=110円で換算)に上ります。

いちごオフィスリート投資法人は、GRESB リアルエステイト評価において「マネジメントと方針」および「実行と計測」の両面で評価され、4 段階にランク分けされる中で最高位の「Green Star」を2年連続で取得いたしました。また、相対評価に基づく「GRESB レーティング」(5 段階評価)においては「3 Star」の評価を得ました。

CASBEE

CASBEEは、建築物の環境性能を評価し格付けするもので、省エネルギーや省資源、リサイクル性能など環境負荷低減の側面に加え、景観への配慮なども含めた建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。
CASBEE不動産の特徴は、環境に配慮された建物が不動産価値に与える影響の度合いを測り、以下の分類でそれぞれ評価項目が点数化されます。また、評価結果は5段階のランキング(S、A、B+、B-、C)となっております。
CASBEEについて
いちご高松ビル
Sランク ★★★★★
(2017年10月31日認証取得)PDF
いちご丸の内ビル
Sランク ★★★★★
(2017年4月27日認証取得)PDF
恵比寿グリーングラス
Aランク ★★★★
(2018年4月27日認証取得)PDF
いちご堺筋本町ビル
Aランク ★★★★
(2019年4月26日認証取得)PDF
いちご仙台イーストビル
Aランク ★★★★
(2019年4月26日認証取得)PDF

BELS

BELSとは「非住宅建築物の省エネルギー性能を評価する」公的制度です。新築建物、既存建物に関わらず様々な尺度を基に第三者機関が省エネルギー性能を評価する制度であり、国が定める建築物エネルギー消費性能基準に基づく一次エネルギー消費量から算出されるBEI(Building Energy Index)の値によって評価され、省エネルギー性能ラベリングが5段階(最高評価★★★★★)で星の数により表示されます。

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building 認証は、対象物件の環境性能に加え、当該物件を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請への配慮等を含めた総合評価システムに基づき、現在の不動産マーケットにおいて求められる環境・社会への配慮がなされた不動産を、DBJ がスコアリング結果に基づき選定し、5段階の認証を付与するものです。